すそわきがの治療・手術について!治療方法や口コミなど

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

すそわきがの保険適用について

すそわきがについては誰でも保険が効くというものではない!

すそわきがの治療方法で保険が適用されているのは、剪除法(せんじょほう)と皮弁法、切開法(超音波吸引法)などがあります。

ですが、まず気を付けておきたいのは、保険適用としても完全に誰でも保険が効くというわけではないことです。

・・・・続きを読む➡『すそわきが治療の保険適用はどうなのか?

 

susowakiga-chiryou

 

こんばんは、writerのⅯです。すそわきがの治療や手術をする前、または「しようかな?」と考えたときは誰でも疑問や不安があるかと思います。

特に手術となれば、「どんな方法か?」「痛みはないのか?」など口コミが気になりますね。

このページでは、『すそわきがの治療』または『すそわきがの手術』をする前に知っておいた方がよい情報をできるだけ網羅しましたので、参考にしてもらえれば幸いです。

「すそわきが治療方法」

現在、すそわきが治療の現状は「わきがの治療」をしている美容形成外科は数多くあるのですが「すそわきがの治療」はまだまだ少ないといったところでしょうか。

「すそわきがの手術とは?」

におい対策をしても効果が無い人や、まだ「においが気にかかる」人は治療が必要です。

すそわきがの治療、手術にはどういったものが存在するのか。一般的なものを以下でご紹介しますね。

 

切開手術

skin3

皮膚に数センチ面積の切開を入れ、直にアポクリン腺という箇所をチェックして、カミソリのような機具を使って除去します。

ワキガ手術ではわりとよくされていますが、「すそわきが」の場合ではアポクリン腺がチェックできないことが多く、切開のキズもついてしまいます。

術後は*タイオーバーという形式で圧迫が必要になってくるので生活に影響することがありますし、切開手術はキズが残ってしまうことから敬遠されがちでした。なので管理人は、おすすめできません。

また、ほとんどのクリニック・病院でも「すそわきがの治療法」として、おすすめしていないのが現状です。

*タイオーバー法とは、傷を面で圧迫するためガーゼ等を皮膚に縫い込み、持続的に圧迫が掛かるようにする工夫のことです。(血腫の予防・静脈うっ血や浮腫の予防)

 

『切開手術を体験した人の口コミは?』

私は手術を二回しているけれど1回目は再発だと思ったので二回目再手術をやったのですが、今もかなり気にかかります。冬場なのですが暖房とかちょっと汗をかくとにおうのです。

毛なんかも手術後はなかったのですが、1,2年するとかなり生えました。前より毛量は減少しているかもしれないが、また再発したのではないかと憂鬱です。

手術は小切開法です。出典:「口コミ広場

 

「切開手術の費用は?」

『約35万~45万円』で、ほかの治療よりも少し高額な治療法です。

健康保険が適用されるなら3割負担で約5万円程度です。(治療法により保険適用できる場合とできない場合がある)

*ここではあくまでネットでリサーチした平均金額を掲載しています。各医療機関により金額は異なってきますので、参考程度に考えてくださいね。

 

電気凝固法

毛穴一つ一つに電極のついた針を刺して、電流を流すことでアポクリン腺を凝固、焼却してにおいを抑止する方法です。

切開によるキズはないのですが、あまり成果が認められない事もよくあり、この方法もおすすめはできないです。

これまですそわきがの治療法として代表格はこういった類の方法でした。

どちらを選択しても一長一短であり、ダウンタイムが短い切開手術や電気凝固法は効果は少なく、そして再発してしまう確率が高いです。

 

『電気凝固法を体験した人の口コミ』

成果はあります。個人個人によって差はありますが、においが気にならない程度になります。 火傷は1日経つと赤みが無くなります。2〜3日で完全に消えます。

この治療なのですが、最初は脇脱毛として行っていた治療なんです。 古くから行われていた治療です。 ただ大変なのが、1回の治療ではなく 何回かやらないと効果がありません。

部分麻酔をするときに少しチクチクした痛みを感じますが 麻酔が効果を発揮していますので治療中の痛みはないですけど 麻酔が効かなかった所に針を刺したときに少し痛みを伴いますが 耐えられる範囲だと思います。

電気を通して行う治療はいろいろあるので副作用は無いと思います。出典:「口コミ広場

 

「電気凝固法の費用は?」

 『初回治療で約10万円~』で『2回目以降、6万円』程度です。

*ここではあくまでネットでリサーチした平均金額を掲載しています。各医療機関により金額は異なってきますので、参考程度に考えてくださいね。

 

「切らない治療法!」

注射による治療法

すそわきがは陰部のアポクリン腺より出た汗が細分化されることでニオイが出ます。

薬剤を注射することにより、アセチルコリンという神経伝達物質を抑止し、汗を分泌する汗腺の働きを抑止する治療です。

効果は5~6ヶ月程度ですので、根治術とは違います。

また軽症の方でしたら効果は現われやすいですが、においが重度の人だとボトックス程度では抑えられない可能性も高いです。

しかし、メスは使わないで注射だけで簡単にできるというメリットはあります。陰毛のある辺りより少し広く注射をしていきます。

上記で紹介したボトックスなど製剤を気になる所に注射することにより、

治療する時間はわずか5分で、腫れもなく簡単にできます。また学校や家事、仕事に支障がないところもメリットです。

一般的には『多汗症治療』として評判の良い治療法です。

 

「注射による治療法を体験した人の口コミ」

脇汗に悩んでいたのがうそのようにスッキリしてます。先生から7割から9割汗の量は減るが、臭いには効果はないと思われますと説明を受け、汗の量が減るだけだとしても良いですと2つ返事をしてすぐ開始です。

時間がない為麻酔クリームなしで施術です(仕事中抜け出していきました) ナカナカ痛みを伴いますが、耐えられないほどではないです。普通に脇に注射されてる気がします。 5分くらいで終わりました。

今は腋臭が治ったといった錯覚すら覚えます。こんなのことならサッサとやれば良かった。出典:「口コミ広場

 

「注射による治療の費用は?」

注入する薬剤や製剤により料金は違ってきますが、『約7万円から17万円』が平均です。

*ここではあくまでネットでリサーチした平均金額を掲載しています。各医療機関により金額は異なってきますので、参考程度に考えてくださいね。

 

『すそわきがならこの治療法が一番!』

「ビューホット」

日本で作られたワキガ、すそわきが治療の最新機器となります。

切らずにすそわきがを治療できるだけではなく治療効果も大きいため、非常に評価を得ています。

全国のデータでは、1度の治療で 95%を超える方が確実に症状が無くなったと報告されています。

ビューホットはアポクリン汗腺の存在する層に対しピンポイントに高周波を当てることができ、熱変性させるやり方で『すそわきがのニオイを消す』ことができます。

viwhot

*ダウンタイムも短く、術後の患部圧迫を含めて、日常生活の制限は必要としません。

また、手術翌日からシャワーにも入れます。

 

*ダウンタイムとは施術を受けてから、施術前の日常生活に戻るまでの期間のことです。

 

『ビューホットを体験した人の口コミ』

手術は未体験ですごく不安だったものの、眠っている間に終わっていたので、驚きました。

はれや痛みはなく終了後、少し違和感があったが、全然気にかかりませんでした。

効果は当日から効果がありました。95%ぐらい臭いも無くなってくれました。思いきって受けてみて良かったです。

 

『ビューホット費用』

すそわきが(肛門周囲を含む)は『20万円から35万円』

*ここではあくまでネットでリサーチした平均金額を掲載しています。各医療機関により金額は異なってきますので、参考程度に考えてくださいね。

 

「おすすめはウルセラドライ!」

「すそわきがの最新治療!」

これまで多汗症を治癒する方法は「手術」が中心であり、メスを使用する手術は「傷跡が残る」「術後皮膚に不快感を感じる」「長期間のダウンタイムがある」といった問題がいくつかあげられます。

一方で、メスを使用しない治療法である「注射による治療」等は、手術の危険度から選択を考えている方はたくさんいます。

ただ、一定サイクルで施術を受けることが大切であり、お金の面で負担が重く、完治は望みにくいと言われます。

そういったことから、切開不要の新しい治療法が世界中で研究されておりますが、多汗症に悩まされる方に満足をいただける施術が見当たらないのが現状です。

そこで開発されたのが、「前立腺がん」などで使っていた高密度焦点式(HIFU)のたるみ治療機器「ウルセラシステム」を、多汗症の治療として採用したウルセラドライです。

「ウルセラシステム」は、従来の手術のように切開をする必要はございません。

また「注射による治療」のように長期通院の時間も不要で、画期的な治療法となっていてます。

 

ウルセラドライは高度の発汗に対しての高密度焦点式超音波による治療です。

高密度焦点式超音波治療は、前立腺がんや顔面たるみ治療に用いられています。

img01

ウルセラドライはUlthera社のUltheraTMsystem(FDA認可)を活用し、汗腺の層にポイントを合わせ限局的な熱損傷をもたらすことによって発汗を抑えます。

『こんな人におすすめ!』

img_osusume

出典:「川崎中央クリニック

 

『ウルセラドライのメリット』

すそわきがに効果の高い治療 
皮膚表面から3mm〜4.5mmのところにあるアポクリン腺、エクリン腺を壊すことで多汗症治療ができることになります。また、他の治療器とは異なり高密度の超音波を集中して照射するため相当高い効果を得ることができます。ウルセラドライは術後少々の腫れはありますが日常生活もできます。

 

傷が残らない
ワキを切開し手術で汗腺を取り除く方法は傷痕が残ってしまいます。ウルセラドライは高密度焦点式超音波により汗腺に熱損傷を与えることで発汗を抑える新しい治療です。

 

治療する時間やダウンタイムが短い
ウルセラドライはワキを切らない高密度焦点式超音波治療のため、治療期間が短く、ダウンタイムも短いため、施術即日から通常生活をおくれます。

 

『ウルセラドライを体験した人の口コミ』

麻酔を我慢すればあとは痛みもなく治療が受けられました。施術後はあんなに悩んでいた汗の量も減り『におい』もなくなりました。夏が楽しみです。ありがとございました。

出典:「川崎中央クリニック

 

 

もう少し詳しく”ウルセラドライ”をみてみる』⇒

 

『すそわきが』なら絶対やっておきたいたった1つの対策とは?


あなたが、「すそわきが」ならまず簡単にできて、すぐに効果を実感できる対策をやるべきです。


そして、『たった1つ』あることをするだけで「すそわきが」の改善が期待できます。


 


それは「デオドラント製品」を習慣的に使うことです。


デオドラント製品は日常的に使っても力を発揮しますが、特にデートの時やイベント・パーティー・旅行などのニオイが気になる場所でも効果を発揮します。


また、医療機関での手術やクリニックでの本格的な治療を行う前にもやっておきたい対策ですね。


なので、『簡単に早く対策したい』ならデオドラント製品をひとつ携帯しておくのがいいですよ。


では、


『すそわきがには、どんなものがいいのか?』


『どんなデオドラントがいいのか?』


次のページでは、私が実際に使ってみて「デリケートゾーンに効果があると実感した」デオドラント製品も紹介しております。こちらもぜひ参考にしてくださいね。


気になる続きはこちらをタップ

SNSでもご購読できます。

関連ワード